フード

完全栄養食「BASE RAMEN」をレビュー | 栄養は取れるが美味しくはなかった

こんにちは、ボムクン(@bombkun)です。

ラーメン大好きな私ですが、栄養バランスにも気を付けています。

今回は完全栄養食としてここ数年で話題になってきているBASEフードの中から「BASE RAMEN」のレビューです。

買うかどうか迷っている方はしっかり内容チェックしてみてくださいね。

BASE RAMENとは

一言でカンタンに言うと、食べると一日に必要な栄養素の1/3を摂取することができるラーメンです。少し前にBASE FOOD社が開発した完全栄養食「BASE PASTA」というのが有名になりましたが、それのラーメン版ですね。

麺自体はBASE PASTAと同じもので、ラーメン用のスープが別に付いてきます。

ホームページによると「BASE RAMEN」には以下のような特徴があるそうです。

  • 10種類以上の食材を練りこんだブレンド麺
  • 噛むとおいしさが口に広がる、風味豊かなもちもち雑穀麺
  • 1日に必要な栄養素量の1/3を、1食で摂取することができる雑穀生麺
  • 糖質50% OFF

普通は一日に必要な栄養素を取ろうとしたら、生野菜や肉・魚等と何種類も食べないといけませんよね。でもこの「BASE RAMEN」ならこの一品目だけで十分。ムリにおかずを作る必要はありません。

BASE RAMENの味は美味しく無い

「BASE RAMEN」を実際に調理して、一緒に付いてきたスープで食べてみました。先に味についての結論を言うと、美味しくありません。

付属のスープについては今回煮干し風味の味でしたが、割とおいしかったです。麺自体はもっちりしてはいるのですが、いかんせんパスタと同じ麺を使っているからか、スープと上手く絡まってくれず美味しいと思えませんでした。なんだかモソモソした麺を食べてるって感じです。

太麺なので、スープがもっと絡みやすいかなと思いましたがだめでした。雑穀とかを使っているのが良くないのか分かりませんが。でも食べれなくは無いです。

BASE RAMENのレシピ

味はイマイチでも食べてはみたいという方に、実際どんなレシピがあるのかを紹介しておきます。

今回注文したラーメンは2食でそれぞれ以下の別々のスープが付いてきました。

  • すごい煮干しスープ
  • こってり豚骨醤油スープ

食べる前に麺を茹でる必要はありますが、茹でる時間は2分だけなのですぐです。

スープについてはお湯と合わせるだけで作るだけなので、カップラーメンと似た要領で作れます。10分もあれば完成します。後は器に入れて食べるだけです、カンタンですね。

写真のようにチャーシューやネギ、卵は入っていません。入れて食べたい方は別途スーパー等で購入が必要です。

BASE RAMENの栄養

「BASE RAMEN」で実際どのくらい栄養が取れるのかですが、パンフレットによると一食当たりの推奨摂取量31項目の内、29項目の栄養を取ることが可能とのことでした。

一般的なパスタ等が14項目しか満たすことがでないそうなので、それと比較してもしっかりと栄養をとることができるようです。

BASE RAMENの値段

値段については、今回お試し版として2食セットで購入して980円でした。

栄養が取れてカンタンに作ることができるとはいえ、1食あたり500円するのは少し高すぎです。トッピングも入れたりするとさらにお金もかかるので、値段不相当な感じがしました。

BASE RAMENはこんな人にオススメ

今回は完全栄養食「BASE RAMEN」についてレビューしてきました。

お試しで2食買って食べてみましたが、栄養は取れるけど正直味はイマイチでしたね。次に購入する予定は今のところありませんが、まだ開発途上だと思うのでBASE FOODの次回作に期待しています。