サービス

ソフトバンクからLINEモバイルへ変更して良かったこと10選

こんにちは、最近LINEモバイルで格安SIMデビューしたボムクン(@bombkun1)です。

私は長年ソフトバンクとずっとスマホ契約をしてきてたのですが、この度格安SIM業者のLINEモバイルへ変更してみました。使い始めて約1週間が経ち、良かった点がいろいろと見えてきたので今回まとめます。

あなたがソフトバンクからLINEモバイルへ切り替えようか迷っているなら参考にしてみてくださいね。

月々のスマホ代が安くなる

まず格安SIMへ変更することでの最大のメリットですが、スマホ代が安くなるということです。圧倒的に安くなります。ソフトバンクの時とのスマホ代を比較してみました。

ソフトバンク 7670円
LINEモバイル 1690円

LINEモバイルはSIMの種類といくつかのプランがありますが、その中で今回はデータ通信(3ギガ)+音声通話可能なSIMで契約しました。

ソフトバンクの時は毎月7670円もかかっていたスマホ代が、LINEモバイルにしたことで1690円に激減するという衝撃の結果。差額は7670-1690=5980円で、毎月の支払う料金がこれだけ安くなるなんて家計は大助かりです。

回線速度はソフトバンクと変わらない

スマホ代は安くなるけど回線速度は遅くならないのかが最も気になるとこだと思います。

結論から言うとソフトバンクからLINEモバイルに切り替えて、回線速度は変わりませんでした。ニュースアプリも普通に使えますし、Youtubeで動画も見れています。

ソフトバンクとLINEモバイルで同じ時間に回線速度を計測してみました。↓

同じ速度というか、むしろLINEモバイルの方が速くない?って結果に。たまたまかもしれませんが、実際普段使っていても速度面で変更したことで遅くなった感じは全くありません。

LINEモバイルでは通信回線の種類としてドコモ or ソフトバンクのどちらかが選べますが回線速度が速いソフトバンクを選ぶのがオススメです。もちろん私もソフトバンク回線を選びました。

乗り換えキャンペーンがお得

LINEモバイルは他社から乗り換える人向けにお得なキャンペーンをいつもやっています。

今回私が乗り換えたタイミングではLINEモバイルの新規契約者向けに以下の2つのキャンペーンをやっていました。

  • 他社からの乗り換えでLINEポイントを10000ポイントもらえる
  • SNS使い放題プランが3か月間月々1390円割引

LINEポイントはローソン等のコンビニ支払いやスマホ代の支払いで1ポイント=1円として使うことが可能です。ローソンは特に頻繁に使うので実質10000円分のポイントをもらえて大量におかしを買いました。ラッキー。

またSNS使い放題プランが3か月間割引されるので、今回私が契約したプランだとなんと3か月間スマホ代が300円!おやつ代と同じくらいで済むのは大助かりです。

SNS使い放題

LINEモバイルの最大の強みと言っても良いのがこのSNS使い放題です。

SNSといってもすべてが対象ではありませんが、以下の主要なSNSは使い放題の対象です。

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram

LINEは通常のメッセージのやり取りはもちろんカウントフリーで、それ以外にLINEのアプリから見れるLINEニュース等についてもカウントされません。通勤中にニュースチェックを頻繁にしている私にはありがたいサービスです。

Twitterについてもタイムラインのメッセージはもちろん、通信量を使うツイートに埋め込まれた画像や動画も対象。通信量が節約できてとてもありがたいです。

データ通信の残量確認がLINEでカンタンにできる

LINEモバイルではデータ通信の残量確認もLINEアプリから以下の手順でカンタンにすることができます。

  1. LINEアプリを立ち上げる
  2. LINEモバイルとのトーク画面で、データ残量確認を押す

この手順をすることで、以下のように返信が返ってきます。↓

こんなにカンタンに残量チェックができるのは心配性な私にとってはとてもありがたいです。

ソフトバンクを使用していた時は、MySoftbankというアプリで残量確認をしていましたが、ログインを求められたりしたのでチェックするのが正直少し面倒でした。LINEモバイルになってLINEアプリでカンタンに完結するのがうれしいですね。

ポイント2重取りがおトク

LINEモバイルでは基本料金の1%をLINEポイントで還元するという制度があります。そのため決済する度にLINEポイントを貯めることができます。

それに加えて、決済方法としてクレジットカード決済を選ぶことが可能なので、クレジットカードの決済ポイントも合わせてゲットすることができます。

つまり、月の支払いが3000円でクレジットカードの還元率が1%だとした場合は以下のようになります。

  1. 3000円×1%=30円分のLINEポイント還元
  2. 3000円×1%=30円分のクレジットカードポイント還元

合計で2%分のポイントを一度にゲットできるので、とてもおトクです。

ソフトバンクではクレジットカードのポイントのみしかゲットできなかったので、2倍おトクになりました。

契約期間の縛りがゆるい

ソフトバンクで使用していた時にツラかったのが契約期間の縛りです。以下がソフトバンクの2年縛りです。↓

  • 契約は2年毎
  • 契約更新(解除料金がかからない)期間は2か月間
  • 契約更新期間外に契約解除すると違約金9500円

2か月間しか違約金がかからない期間がないので、気づいたら契約更新期間過ぎてたなんてことがほとんどです。結局、他社に乗り換える時に違約金を払わなければいけないパターンがほとんどなんですよね。

それに対して、LINEモバイルはこのような契約期間の縛りがだいぶゆるいです。LINEモバイルの縛りは以下のような内容です。↓

  • 音声通話SIMの最低利用期間は12か月
  • 最低利用期間内に契約解除すると違約金9800円

つまり最低1年使えばその後いつ解約しても違約金はかからないということです。ソフトバンクみたいに変な契約更新期間とかかが無いのはうれしいですね。

LINEモバイルは月々のスマホ代自体が安いので、違約金支払う位ならとりあえず12か月契約しっぱなしにしておくというのも良いかもしれませんね。

いつでも電話のアプリが使える

LINEモバイルを契約するとiPhoneやAndroidのアプリで「いつでも電話」というのが使えるようになります。

この「いつでも電話」のアプリの良いところはふつうの電話アプリと同じように使えて、以下のように通話料金が半額です。

ふつうの電話アプリ 20円/30秒
いつでも電話 10円/30秒

このようにアプリで通話料金も安く抑えれるようになっているので、あまり通話時間を気にしなくて良いのがありがたいです。

端末保障オプションが充実している

使用している端末に万が一のことがあった場合の補償オプションが充実しています。

LINEモバイルで端末購入した人と、LINEモバイル以外で端末購入した人で以下のように保障のタイプが異なります。

どちらも年2回まで利用することができるので、頻繁に端末を壊しちゃう人は入っておくのもありだと思います。私も今回とても入りたかったのですが、残念ながらすでにAppleケアに入ってしまっていたので断念しました。

以下にLINEモバイルのホームページを参考にプランをまとめました。

LINEモバイルで端末購入した人

月額利用料 端末交換・修理代金
450円(初月無料) 1回目 5000円
2回目 8000円

端末お届けまでは2日ととても早く、同一機種の同一カラーの端末が支給されます。

LINEモバイル以外で端末購入した人

月額利用料 端末交換・修理代金
500円(初月無料) 1回目 4000円
2回目 8000円

端末お届けまでの期間は2週間で、保障上限は最大5万円までです。

いつでもヘルプが便利

ソフトバンクの時にとてもイヤだったのが困った時のサポートセンターへの電話です。

いつまでたってもつながらず、つながったと思ったらいろんなところへたらい回しにされ。そんな感じで、毎回20~30分もムダな時間を過ごしていました。

LINEモバイルではLINEのアプリ上で「いつでもヘルプ」というメニューがあります。

この「いつでもヘルプ」から気軽に質問が投げれます。AIが質問内容を理解し、最適な答えを返してくれるのでとてもスピーディーなのが気持良いですね。

また、分からなければもちろんオペレーター(受付時間:10時〜19時)の対応窓口もあるので、そこに電話して確認することも可能で実店舗が無い分サポート体制も充実しています。

まとめ

最後にまとめになりますが、今回初めて格安SIMのLINEモバイルに変えてみましたが、正直めちゃくちゃ満足しています。今まで何年もソフトバンクで毎月7000円以上払っていたのが何だったのかと思いました。

回線速度の面が一番不安でしたが、そこが全く気にならないというのがとても良かったです。また、SNS使い放題があるので少ないデータ容量のプランで済み料金も安く抑えれるのがホントうれしいですね。

しばらくはこのLINEモバイルと付き合うことになりそうです。