ガジェット

Zoffのブルーライトカットメガネをレビュー | デスクワーカーにおすすめ

こんにちは、ブルーライトを浴びるのが大嫌いなボムクン(@bombkun1)です。

私は2年ほど前からZoffのブルーライトカットメガネを使っています。

使用する前まではブルーライトカットメガネって正直バカにしていたところありました。ブルーライトカットって意味あるの?ってね。でも使っているといつの間にか私のようなデスクワーカーに必須のアイテムになりました。

ということで、今回はレビューをしたいと思います。

Zoffのブルーライトカットメガネってどんなの?

メガネの専門ブランドのZoffが作っているブルーライトをカットして眼の疲れを軽減してくれるメガネです。

ブルーライトとはスマホやPCから発生する波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のことで、このブルーライトを長時間受け続けると眼がとても疲れてしまいます。

一日中デスクワークでPCのディスプレイを見ていると、夕方位には眼がショボショボして眠くなるってことありません?その原因がブルーライトです。

このメガネをかければその疲れが大幅に軽減できちゃいます!

引用:Zoffホームページ

私が使っているメガネはこちらです。↓

このメガネのブルーライトカット率は50%です。

黒いフレームがなかなかカッコよくてインテリっぽく見えるところが私のお気に入りポイント。

一見すると普通のメガネと変わりません。レンズに度は入っていませんが、普通のメガネと見分けが付きません。

Zoffのブルーライトカットメガネの良いポイント

眼の疲れは格段にラク

眼の疲れ具合はすごくラクになります。

裸眼で何時間もスマホとかテレビを見たりしていると↓のように大変でした。

  • ピントが合いづらくて見るものがボヤける
  • まぶたがピクピクする(痙攣?)
  • 夜なかなか寝れない

ブルーライトカットメガネを使うことでこのようなことがほとんど無くなりました。

私はデスクワーカーで一日中パソコンと向き合いながらの仕事なので、元々ブルーライト地獄です。それがブルーライトカットメガネでだいぶ軽減された感じですね。

フレームが耳にフィットする

メガネってモノによっては耳に上手くフィットしてくれず、タコができることありますよね。

このZoffのブルーライトカットメガネの場合は耳をかける場所が自由に曲げれるようになっているので、自分の耳に合うように調整可能です。

曲げたりするのが簡単にできるので、私もメガネを買う際には店員さんと調整しながら、自分の耳の形状に合うように調整してもらいました。

フレームの形状が合わないかどうかを心配する必要はありませんね。

クッション付きで鼻が痛くない

鼻の部分にクッションが付いています。

これがあるおかげで鼻が痛くなったりしません。

よくメガネかけている人がメガネを外したら鼻の辺りに型が付いてて赤くなっているとかいませんか?このクッションがあるおかげで鼻は赤くなりません。

クッションの部分に鼻をあてると金属の部分がいい感じに曲がってくれるので、自分の鼻に形状がフィットしてくれます。

Zoffのブルーライトカットメガネのイマイチなポイント

視界が黄色く見える

ブルーライトカット用のレンズということで少し黄色がかっています。
分かりますか?

背景の白い箇所がレンズのせいで黄色くなっちゃっていますよね。世界が黄色く見えます。

ただ、パソコンのディスプレイが白で結構まぶしく感じたりするのが、このレンズで黄色がかるのでまぶしくは感じませんね。

これが気になる人はブルーライトカット率が下がるけど色が弱めのレンズもあったのでそちらが良いかも。

レンズの周りのフレームが視界に入る

これは別にブルーライトカットメガネだからという訳では無いからかもしれませんが、レンズの周りも黒のフレームなのが少し邪魔に感じますね。

視界にフレームが入るとどうしても集中できなかったりするので、フレーム付きが嫌な人はフレーム無しのタイプがおすすめです。

Zoffのブルーライトカットメガネの値段

値段はフレームとレンズ込みで12960円です。

たかがブルーライトカットメガネで1万オーバーは高いという感じもしますが、これで眼の疲れが解消できると考えれば十分安いものです。

Zoffのブルーライトカットメガネのレビューまとめ

今回はZoffのブルーライトカットメガネについてレビューしてきました。

デスクワーカーにとって眼はとても大事ですよね。ブルーライトカットするだけでその目の疲れを軽減できるのはとても助かるはずです。

若干値段が高めですが、一度買えば毎日ラクになるのでデスクワーカーの人は一本持っておいてもよいアイテムでしょう。